東大特撮映像研究会(大学戦士トーダイン)

『学生特撮サークル&キャラクター図鑑』 第7回は東大特撮映像研究会さんに伺い、インタビュー取材をさせていただきました!

大学戦士トーダイン

cimg0288-2

東京大学のシンボルでもあるイチョウの葉がトレードマークの東大の平和を守るヒーロー。
初代トーダインは東大の大いなる力を授かった本郷三四郎が変身し、『凶獣会』の手から東大を守っていた。彼が卒業した後も東大生の間でその力と意思は脈々と受け継がれ、学業の万難から東大と東大生を守っているぞ。
体に五行の力を配しており、マージャンパイの怪人『雀兵(ジャンペイ)』や睡魔怪人『ネモーグ』など、大学生を堕落させる悪の手から大学生を守っている。五行のそれぞれの力を身に宿した五人の戦士、『トーダインズ』もいるぞ!

東大特撮映像研究会

【活動拠点】
東京大学 駒場キャンパス(東京都目黒区)
【活動内容】
特撮評論誌の製作・販売、五月祭・駒場祭での自主映画の上映会やヒーローショー公演、学内向け啓発ポスター制作の協力など

cimg0339-2

―『大学戦士トーダイン』のデザインについてや裏話などを教えてください。

7~8年前ほど前に1体目を製作し、4年前に映像作品を作るのに際して現在のものにリニューアルしました。頭部はFRP製で、目はイチョウの形になるように穴を空けています。ボディはウレタンとライオンボードで作っています。
スーツの制作は長期休みを利用して有志で行っています。トーダインは東大のシンボルであるイチョウを意匠に落とし込んでいるため、時々リデザインすることはありますが、全く新しいヒーローを製作することはほとんどありません。ですから、映画で必要になる新規怪人の製作が主ですね。

必殺技や武器などの設定はあまり固めていなくてその都度考えています。
ちなみに昔の必殺技は設定だけですが「銀杏剣・黄葉(もみじ)切り」というものがあったり、旧帝大が集まる七大戦というイベントでは「七大学アタック」という技を披露したり。今製作中の新作では、ついに「銀杏剣」をお披露目できるかもしれません。現在は「トーダインバスター」という銃を武器に使っています。

―普段の活動内容はどういったことをやっているのでしょうか?

長期休みを利用して五月祭や11月の駒場祭に向けた自主制作の映像作品を撮っています。ここ3年くらいは駒場祭で特撮番組のエンディングを踊るなど、ダンスを交えたヒーローショーを行っています。

その他にも、月に1回程度、各々が持ち寄った特撮作品を見る上映会を開いています。また、コミケに向けて特定の作品やテーマについて纏めた同人誌を制作しています。このような研究活動はずっと行ってきているので、それを継続しています。上映会を行うのはこの情報誌を作る意味合いもあります。

cimg0336―コミケで出展する同人誌の企画は「尖ったものが多い」と思ったのですが、どのように考えているのでしょうか?

実は、コミケ後の飲み会やその場のノリで決めています。
『敏樹のグルメ』はコミケに行くバスの中での会話からタイトルが思い浮かんで、そのまま作り始めました。『撃墜本』というウルトラマンシリーズの戦闘機の撃墜シーンを全部まとめた本を以前出していたので、井上敏樹脚本の特撮作品を全部見ても余裕なのかな?というある意味誤った認識で進めて作り始めましたね。

―「一冊ごとの情報量がとんでもないな」というのも読んでみて感じたんですけれども、同人誌を作るのにどれくらい時間がかかりましたか?

ぶっちゃけ、耐久マラソンみたいになっていますね。ひたすら作品をチェックして書いています。
『平成ライダー警察官名簿』に関して言えば、去年の冬コミでぼんやり考えていたのを冬休みの間に詳細を固めました。1年生に体験でやってもらいたかったので、1年生がサークルに定着した5月くらいから割り振って3か月くらいで記事と編集を行いました。原稿を書くのは大体1か月くらいでした。
東大生は2年生の時が暇なので、基本的に2年生が軸となって取り組んでいます。

cimg0340-2―キャンパス内の啓発ポスターなど、大学と提携した活動はどのようにして行っているのですか?

6年くらい前に学生支援課から「カルト団体に対する啓発ポスターを制作して欲しい」という依頼があったのが始まりです。それから毎年行っています。最近では図書館での盗難への注意を喚起するポスターやデジタルサイネージにトーダインが協力しました。おかげで大学内での認知度が高くなりましたね。特撮サークルと聞いてわからない人でも「啓発ポスターのやつ」って言うとわかってくれたりします。

―サークル活動の中でのやりがいなどを聞かせてください。

映像作品であれ、怪人のデザインであれ、納得ができるものが出来上がると嬉しいです。困難を乗り越えて会心のものが作れたら楽しいですよね。
同人誌は完全に自己満足の世界ですが(笑)。ただ、みんなを巻き込んでやると言ってしまった以上、責任をもって取り組みます。

―東大特撮研のメンバー構成は?

現役では7人所属していて、たまに大学院生の先輩が遊びに来ます。ですが、主に活動している人は5人ほどで、理科一類(工学部系統)が多くて文系はほとんどいません。理科三類(医学部)所属のメンバーもいます。
それと、女子がいないです。ヒーローショーではお姉さんがいないと締まらないのでこれは死活問題ですね。

cimg0294-2―特撮作品が好きでサークルに入られた人が多いですか?

ほぼ100%の人がそうです。今年の新入生も、中学生くらいからもう一度はまったという口だったので。逆にヒーローショーに憧れて入っただけという人はあまり定着しないですね。ちょっとメンバーが濃すぎるからかなと思うんですけど (笑)。
ちなみに、ここにいるメンバーがお勧めの特撮作品を上げると、『ゴジラ2000ミレニアム』『仮面ライダークウガ』『超星神グランセイザー』あたりです。『グランセイザー大研究』という同人誌も出しました。

―今後の目標などはありますか?

知名度をもう一段階上げることです。
啓発ポスターのおかげでトーダインの認知度は上がったんですけど、それがまだ特撮映像研究会と認識的に繋がっていないんですよね。トーダインは大学側が作っていると思われているようで。ですから、トーダインの知名度に我々のサークルとしての知名度も寄せていけたらな、と思っています。

―読者の方にアピールしたいことをお願いします!

YouTubeで自主製作の映画を公開しています。特撮映像研究会の公式サイトから飛べるので、是非ご視聴ください。
それと、11月25日(金)~27日(日)に駒場祭がありますので、こちらも是非見に来てください。

cimg0302

cimg0312

早稲田と東大で早東戦!?早稲田大学のヒーロー、エンジークワセダとの記念写真も撮っていただきました。ありがとうございました!

【東大特撮映像研究会 イベント・メディア情報】
・駒場祭(大学戦士トーダイン 自主映画上映会)
11/25(金)~27(日)に駒場キャンパス11号館1121教室にて、終日トーダイン出演自主制作映画を上映します。新作の「第3話」も公開予定。スーツ等の展示も。

・東大特撮映像研究会 YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/todaitokusatsuken
にて、過去のトーダイン作品やメイキング等を公開中。五月祭で公開した「第0話」も近日公開予定。

Follow me!